新南風俳句会と私

アクセスカウンタ

zoom RSS 帰り咲き?狂い咲き?

<<   作成日時 : 2008/10/15 22:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

 先日、夕方のウォーキング中に、桜の開花に出会いました。近くの小学校の庭に咲いていました。
一重のソメイヨシノ風ですが、もしや十月桜ではと思いきや、「ヒカン桜」と表示がありました。冬の季語に「帰り花・帰り咲き」というのがありますが、まだ10月ですから、これは単なる狂い咲きでしょうね。(「狂い咲き」も冬の季語に含まれていますが、私は季語としてはあまり相応しくないような気がして、あえてこのように表現しました。)

画像


 十月桜は一般的には白の八重咲きで10月末頃から1月始めと3月末頃から4月初めの頃に2回、それも葉があるうちに咲きます。同様に秋から冬にかけてと春の2回に分けて咲く冬桜というのもあるらしいです。これは白の一重だそうです。
ソメイヨシノ等の狂い咲きは、台風などで早めに葉が落ちてしまうと、秋の早いうちに開花するのだそうです。人為的に秋に咲かせようと思うと早めに葉をむしり取ってしまうと狂い咲くそうです。

画像



上の写真は昨年の10月20日の白野江植物園(北九州門司)の十月桜です。これは一重の白でした。花は小振りで哀れさを誘う風情でした。
それにしても、「十月桜と冬桜」「帰り咲きと狂い咲き」は区別がつきにくいですね。

露寒し朝餉の汁の卵かな   ゆうと



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
先日も今咲いてる、桜のブログを、拝見しましたが、最近の自然の変動に、植物もドギマギしてるのでしょうか? 『露寒し朝餉の汁の卵かな』一茶が今生きて居られたら、作りそうですね、温かい、素朴で素直な、
お人柄が、感じられますね。  みみ 
射手座
2008/10/16 08:40
ゆうとさん。今朝の奄美新聞にもサクラが咲いたと書いてあります。長浜の文化センターの先で1週間程前から4本に花をつけた、専門家が狂い咲きだろうと書いてありますが、返り咲きといってあげたいですね。妙

2008/10/16 09:07
ゆうと兄さん、こんばんわ。
加世田では、桜の狂い咲もあるのですね。私の職場では、今の時期、ツツジが咲いています。これも、地球温暖化のせいでしょうか。なんだか不思議な気分です。
ひろ
ひろ
2008/10/16 18:01
射手座さん、こんばんは。朝の味噌汁が美味しい季節になりましたネ。「露寒し・・・」の句、採っていただいてありがとうございます。
ゆうと
2008/10/16 21:00
妙さん、こんばんは。そうですか、奄美でも咲いていますか。空気が引き締まってきた感のある時候ですがこういう季節に、放たれた矢が的の芯を射抜くと気分爽快でしょうね。1句お願いしますヨ。(笑)
ゆうと
2008/10/16 21:06
ひろさん、こんばんは。あちこちで狂い咲きの報告がありますネ。先日の桜は加世田小学校の桜でした。夕方、通用門からコソッと入って写真を撮ってきました。
ゆうと
2008/10/16 21:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
帰り咲き?狂い咲き? 新南風俳句会と私/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる